Archive for 6月, 2011

夏とカレーの話

私は個人的にカレーが大好きなのですが、暑い国・インドで生まれたカレーは、夏を乗り切るのにふさわしい食事だといいます。今回は、そんなカレーについてのお話です。

カレーの歴史

カレーの歴史はとても古く、紀元前2500年、インダス文明初期の時代にまで遡ると言われています。どのような食事であったかはわかりませんが、そのころのインドでは、既にカレーに使われるスパイスが栽培されていたとか。インダス文明が衰退して後、紀元前300年ごろからは、その後の支配者アーリア人の食文化の中に取り入れられていきます。そして、貿易が盛んだったこの国の食生活がアジアの諸国へ。さらに時間をかけて、15世紀ぐらいには東南アジアの諸国はどこでもカレーを食べるまでに広まっていったようです。

日本のカレー

1863年(文久3年)、幕府の遣欧使節の一人、三宅 秀は、フランスに向かう船の中にいました。そこにはインド人も同船していたようで、その食事ぶりを見て、「飯の上に唐辛子細身に致し、芋のどろどろのようなものをかけ、これを手にて掻きまわして手づかみで食す……」と記しています。見たこともないカレーと、インド独特の食事作法に対して、当時の日本人がひどく驚いた様子が見て取れます。また、幕末には外国人居留地で暮らすイギリス人を通してヨーロッパ風のカレーも伝えられていたようですが、この当時カレーを知っていたのは、外国人に接する機会のある、ごく一部の人だけ。一般の日本人にも知られるようになるのは、明治時代に入ってからのことでした。明治5年(1873年)には、「西洋料理通」「西洋料理指南」という2冊の本が出版され、そこにはカレーのレシピも紹介されています。
日露戦争(1905年、明治38年)では、陸海軍で兵士達の食料として、カレーが採用されました。一度に大量につくることができて、日持ちがして、しかも栄養を補給するには最適な食事だったからです。そして、戦場でカレーを食べた兵士達が家に戻って各家庭にも普及し、明治時代後半には庶民的な飲食店でも扱われるようになっていきます。ちなみに、海軍でカレーを食べた習慣は現在の海上自衛隊にも引き継がれていて、いまでも毎週金曜日が「カレーの日」になっているそうです。
大正時代に入ると、タマネギ、ジャガイモ、人参などの他の野菜も使われるようになり、いまのカレーに近いものになりました。お店もいくつかできましたが、特に有名なのは、新宿中村屋のカレーです。1927年(昭和2年)、日本に亡命中だったインド独立運動家ラス・ビバリー・ボースを保護していた創業者の相馬愛蔵が、ボースの助言で本格的なインド式「カリー・ライス」をつくったのが始まりとか。最高の食材でつくった中村屋のカレーは、当時としてはかなり高価なものでしたが、それでも多くのファンが付いたと言います。

カレーは健康にいい

こうして日本に定着したカレーですが、カレーにはたくさんのスパイスが入っています。スパイスにはそれぞれの効能があることが知られていて、主なところは、次のようなものです。

・ターメリック(鬱金 うこん)
鎮痛、二日酔いなど
・コリアンダー(胡子 こずいし)
胃の薬、かゆみ止めなど
・クローブ(丁字 ちょうじ)
消化機能促進、消炎など
・シナモン(桂枝 けいし)、肉桂(にっけい)
胃の薬、風邪など
・レッドペッパー(蜀椒 しょくしょう)
咳止めなど
・フェンネル(茴香 ういきょう)
去痰、胃の薬など
・カルダモン(縮砂 しゅくさ)
胃の薬など
・クミン(馬芹 うまぜり)
胃の薬など
・ナツメグ(肉豆蒄 にくずく)
胃の薬、下痢止めなど

カレーは、暑い国・インドで生まれた食べもの。カレーの辛さは、汗を排出し、新陳代謝を促し、食欲を増進させてくれます。蒸し暑いこの時季、そして夏本番のこれから、もっとカレーを楽しんでみませんか。

カレーは、各家庭の味があると思います。カレーばかりは毎週週末にお父さんが腕を振るうというご家庭もあるでしょうし、お子様がお母さんと一緒に。なんてご家庭もあるやもしれません。

みなさんのお宅では、どんなカレーを召し上がっていますか?

 

日本一長い香川県の商店街

こんにちわ。

補聴器専門館 高松店の蓮井です。

梅雨が続きジメジメした毎日ですが、

この季節に洗濯物をふんわり乾かす

いい方法があれば誰か教えてください。

 

さて、現在ここ香川県の高松市も郊外型と呼ばれるドーナツ化現象で、

市の中心部の商店街などは、15年前に比べて人通りが減り、

商店の数も少なくなりました。

バブルの頃はそれはすごい人の数だったと聞きます。

そのかわりにここ数年で、郊外には大きなショッピングモールや

24時間スーパーなどがどんどん出来ました。

しかしです。

私個人はもう出来上がってしまったようにも思います。

いくら郊外型といえど、この日本一面積の狭い香川県に

巨大なショッピングモールなどが10件も20件も必要だとは思えません。

 

今、実は高松の商店街が密かにパワーを回復しつつあります。

丸亀町商店街を皮切りに、どんどんきれいでお洒落な街に

生まれ変わりつつあるんです。

日本一長い商店街のこの香川県が、

プライドに掛けてこのままでは終わらないようです。

商店街では、週末を中心にいろんな場所で

いろんなイベントが行われています

当店は常磐町商店街という場所にありますが、

これからは、商店街の面白そうなイベントやお得な情報なども

発見してこのブログにアップして行こうと思いますので、

是非お楽しみに!!

 

ちなみに今日は、田町商店街と常磐町商店街の交差点で、

通行人に 原発は必要か否か! のアンケートを取ると共に

アーティストが集って歌い、原発の危険性を

みんなでもう一度考えようと呼びかけていました。

カメラを忘れてしまい、画像でお見せできないのが残念です。。。

 

 

 

 

6月度 月間キャンペーン 好評開催中!!

現在キャンペーン中です。

詳しくは下記のリンクから詳細をご覧ください。↓

6月度 月間キャンペーン 好評開催中!!

 

来店いただいた方には、プレゼントがあります。

下のうさぎトイレットペーパー2個か、うさぎ扇子のどちらかをお選びください。

是非みなさんのご来店をお待ちしております。

平成23年 6月度 月間キャンペーンのお知らせ

皆さんこんにちわ。

6月6日は何の日かお分かりでしょうか。

実は6月6日は『補聴器の日』なんです。

当店では、6月いっぱいを月間キャンペーンとし、

お店に来てくれた方に、お得な特典をご用意しています。

その気になる得点内容は・・・・・。

①期間中、補聴器を両耳購入される方は、補聴器2個目を半額にさせていただきます!

②期間中、補聴器を購入された方は、○○○+○○○を2つもプレゼント

ご来店者の方に○○○のプレゼント!!

6月はお得な特典がいっぱいです。

上の○○○が気になる方は、是非当店まで来ていただくか、

もしくは、お気軽に電話でお問い合わせください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

補聴器専門館 高松店

℡:087-813-1227