Archive for 10月, 2011

こんにちは! Sです。

 

いい気候になりました。ここ2、3日はお天気も良

く、自転車通勤も快適です。

空が広く広く感じられるのもまさにこの季節。

今日も青空の下、会社へと自転車を走らせてお

りました。

と、向こうから二十歳ぐらいの女性が、やはり自転車でこっちに向かって来ています。

ふらふら、よたよた・・・あれれ!前なんか全然見ていない一心に携帯の画面を見ながら

どんどん至近距離に・・・

チリンチリンとベルを鳴らすのは、上から目線な気がして苦手な私は、思わず声をかけました。

「危ないよ!」

その時になってはじめて彼女は気付いたんでしょうね。

顔を上げて一瞬、「!」「?」みたいな顔つきになり、次いで「びっくりさせないでよ」と言わんば

かりの表情で、また携帯をいじくりながら去っていきました。

いやいや・・・。  何かおかしいぞ。

「ごめんなさい」とか「すみません」とか言わないかな。こういう時・・・。

あまりの驚きで声も出なかったわ、とかいうキャラでもなかったぞ。

昔のおばちゃんなら、「危ないやろ!あんただけの道やないで!ちゃんと前向いて運転しなさ

よ!」と小気味良く一喝するんだろうな・・・。

今のおばちゃんはダメですね。ノミの心臓なもんで・・・。

 

でも、昨今、自動車と同様、自転車の事故も増えています。

東京都内では、ついに自転車も自動車と同じとみなされ、車道通行を余儀なくされる事態となって

います。

自転車王国高松もやがて例外では無くなるでしょう。

そこどけ~とばかりの暴走自転車、どんな情報が今必要なんやと言いたくなる「携帯しながら」自転

車、道いっぱいに広がっての横並び自転車・・・。

相手が歩行者であれ自転車であれ、取り返しのつかない事態になる前に、もう一度、

自分はどうか・・を考えてみませんか!

 

補聴器専門館にも自転車でお越しのお客様はたくさんいらっしゃいます。

どうか、慎重な運転を心がけて、楽しいお出かけをなさってください。

歩きの方も十分気をつけてお出かけ下さいね。

私事ですが・・・

ご無沙汰しております!  です。

 

10月も半ばを過ぎ・・・

秋もたけなわと言いたいところですが、まだ妙に日中が若干暑く感じられるのは

気のせいでしょうか?

それでも、商店街を行きかう人たちはもう秋の装いで、

早々とニットやファー、ムートンのブーツで気合を入れている若い子達も

見かけるようになりました。

おしゃれにも、お出かけにも格好の季節ですね。

 

さて、私事で恐縮ですが、半年ほど前から調子

の悪かった右肩が、ここへきて

ますますひどくなってきました。

腕が後ろに回せない、伸ばしても曲げても痛い、高いところの物が取れない、

身体を支えられない(これは体重のせいか!?)、夜中もずきずき疼痛でなかなか

寝付けない・・なので昼間ひたすら眠い・・・と負の連鎖で、

「これはもしかして肩関節外れてるんかも・・!」と整形で診てもらったら、

「あ、五十肩ですね」とばっさり・・・。

せめて肩関節周囲炎とか遠まわしに言って欲しかったわ先生・・・。

 

人に聞いても調べても、原因も症状も、治療方法も、病んでいる期間もまちまち

という、このやっかいで不可思議な病気。

一生かからない人もいるみたいなのに、私にはやってきました。

思いつくままにいろいろ治療に通ってはみましたが、いまいち決定打は無く、

この爽やかな季節にテンションやや低めの毎日を過ごしています。

 

でも、落ち込んでばかりでは何もはじまらないので・・・・

 

以前、言われたことを思い出しました。

 

「身体はつながっている。」

 

あたりまえのことですが、これはとても深い言葉です。

肩の痛みは、単なる結果。

もっと総体的に考えたら、その要因は思いがけなく他の部分から来ている場合が

多いのです。

生活習慣を見直し、自分の身体の声を聞くことを怠ると、病気は発生するそうです。

いや、耳が痛い・・・・。

そこで、思い立って歩くことにしました。

出来る限り、自分のペースで。

運動と思ったら力が入るけど、散歩と思えば楽しいです。

これは気分転換にもなるし、一挙両得!

澄んだ空気を吸ってどんどん歩いて、足腰から鍛えていけば、

遠隔操作のように、だんだん症状も改善していくのでは!と思えるようになりました。

で、今はだいぶ気持ちも上向きに・・・。

 

お耳の「聴こえ」のご相談ございましたら、ご遠慮なくお気軽に。

変わらぬいつもの笑顔でお待ちしております!