続・空気電池のお話を少し…

今日は思いがけず、うららかなお日和になりましたね。

連休の初日…皆様いかがお過ごしでしょうか。Sです。

 

さて、前回、空気電池のお話をさせていただきましたね。

空気電池の敵が「乾燥」や「二酸化炭素」だというお話…。

 

もっと詳しくご説明すると、

空気電池が能力を十分に発揮できる最適な条件は、温度は20度前後、湿度は60%前後と

いわれております。

つまり、夏の暑さ、汗、雨などによる湿気、逆に、冬の寒さ、暖房による乾燥などは、

空気電池の寿命を縮める要因なのです。

 

こんなお話をすると、空気電池って随分と取扱が面倒だと思われる方もいらっしゃる

かもしれません。

でも、私たち人間が快適と思っている環境がそのまま空気電池が気持ちよく活躍出来る

環境とお考えいただければいいのです。

 

これから冬本番に突入し、補聴器をつけて寒い戸外にお出かけという機会も多くなってきます。

どうぞマフラーや帽子で覆うなどして電池が冷えすぎることの無いよう気遣ってあげてくださいね。

空気電池は補聴器の大切な『相棒』ですから(^v^)

 

Leave a Reply