聞こえで困っている方 - For The People Having Hard of Hearing

個人差はありますが、人の聞こえはある程度の年齢になると低下してきます。低下はゆっくり進行し、本人が気づくよりも周りの人が気づく方が多いでしょう。ご自分の聞こえが今どれくらいなのかを正確に知っておくことは大切です。
人の聴力には個人差はありますが、老人性難聴というのは30歳頃から衰えはじめ、誰にでもおこりうる生理的現象です。左記のような老人性難聴は高音域から徐々に低下してくるのが一般的で、この衰退傾向はただ単に音の強弱による衰えのみならず、言葉の理解度の低下も伴ってきます。難聴にきづくのは早いほどよいと言われています。
年に一度は聴力の検査をお勧めします。

また、急に聞こえが悪くなった場合は突発性難聴の可能性がありますので、すぐに耳鼻科専門医の診察をお勧めいたします。

難聴の種類

難聴は耳のどの部位に原因があるかで「伝音性難聴」「感音性難聴」「混合性難聴」の3つに分類されます。
難聴の種類 図

伝音性難聴

音を伝える外耳や中耳の障害です。
外耳から中耳にかけての障害による難聴で中耳炎、鼓膜穿孔、外耳道変形等が代表的なもの。ほとんどが医学的治療で聴力を回復させることができます。音を大きくすれば聞こえるので補聴器の効果もよくあります。

感音性難聴

耳もしくは内耳以降の神経回路の音を感じる部分による障害です。
内耳から神経系、脳中枢にかけての障害による難聴で、老人性、突発性、メニエール病が代表的なもの。
小さい音が聞こえにくいだけでなく、大きな音が異常に響いたりする場合もあり、音は聞こえても意味がわからないといった症状がでます。補聴器を正しく調整し練習しながら使用すれば効果が期待できます。

伝音性難聴

性と感音性の両方の症状による難聴をいいます。

家族や周囲の方へ

補聴器は難聴を補助するための医療機器で治療するものではありません。補聴器が耳になじむのも調整するのもお客様とともに行っていきますので、少し時間がかかります。

また、補聴器だけで難聴の問題が解決できるわけではないと考えています。難聴が進みますと言葉の聞き取りが更に困難になると思われますので、周りの方のゆっくり、はっきりとした丁寧な話しかけ方をお願い致します。

補聴器の調整も大切ですが、家族の方や周囲の方の協力や理解、そして補聴器をお使いになる方自身の「心から聞きたい」気持ちも聞こえの改善に重要な役割を持っています。

pagetop